無印良品がベトナムに東南アジア最大の店舗をオープン

日本の無印良品は、ベトナムに東南アジア最大の店舗を正式にオープンしました。

最初の店舗はホーチミン市にオープンしました。約2,000㎡のスペースがあり、衣料品、家電、家具、美容品、食品など5,000を超える商品を提供しています。ハノイの他、ベトナムの大都市に8〜10店舗オープンする計画があります。

無印良品は「Made in Vietnam」の商品を現地市場だけでなく、アジア諸国でも販売しています。ベトナムで販売される商品は、海外で販売される商品よりも安く設定しています。ベトナムの若くて活気のある人口と急速な経済成長に注目しており、無印良品にとって特別な市場の1つと位置付けています。

無印良品は1980年に日本で設立されました。リサイクルを重視し、製品設計、製造、廃棄物を最小限に抑え、ロゴのないポリシーを採用することで、他社との違いを生み出しています。無印良品は31の国と地域に存在し、日本の479店舗を含む1,029店舗を展開しています。

※JTS VIETNAMのニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です