インパクトのある360°パノラマコンテンツ(動画・写真)で、貴社の物件や店舗の魅力を顧客に伝えてみませんか?

360°だからこそ伝えることができる分かりやすさや臨場感。
ホームページやブログだけではなく、facebookを活用した広告宣伝、GoogleマップMEO対策など、360°パノラマコンテンツは貴社の広告宣伝力の強化につながります。

活用事例:マンションバーチャルツアー(360°パノラマ写真)

これまでは、事前に海外出張し、実際に自分の足で部屋の内見や周辺生活環境を確認してたことが多かったと思います。
これからは、完全オンラインで部屋探しすることができる環境を提供することが、不動産仲介会社と顧客の双方が求めることなのではないでしょうか。
顧客は日本にいながら、短時間で複数の物件を探すことができます。
不動産仲介会社は内見対応数が減り、少ない対応時間で成約率を上げることができます。
一度制作した360°パノラマコンテンツは、バーチャルツアーに限らず、様々な活用が可能です。

活用事例:ホテルホームページ(360°パノラマ写真)

部屋の雰囲気を伝えるために、ホームページに平面の写真を複数枚掲載するケースが多いと思います。
しかし、平面写真の場合、部屋全体のつながりや奥行きなどはが伝わりにくいと感じます。
360°パノラマ写真はその伝わりにくいところを、分かりやすく簡単に、そしてインパクトのあるホームページへ変化させてくれます。

【お客様ホームページのご紹介】
HOTEL 1-2-3 HANOI Linh Lang
http://www.hotel123hanoi.com/room-detail/2673/deluxe-room

活用事例:Googleストリートビュー(360°パノラマ写真)

近くのお店を探したい。
Googleマップでお店を探す人が増えています。
検索結果から次に確認するのは、そう”写真”です。
360°パノラマコンテンツは貴社店舗の魅力を伝える”営業の顔”になると考えています。
飲食店、美容室、スパ、小売店、アパレルなど、様々な業種で活用できる広告の1つです。

活用事例:リモート工場視察(360°パノラマ動画)

海外の自社工場や製造委託先の視察。
これまでは、定期的に海外出張し、実際に自分の足で工場内を視察していました。
これからは、時間や予算の有効活用のため、完全オンラインで海外視察することができる環境を提供することが、発注元と発注先の双方が求めることなのではないでしょうか。
発注元は日本にいながら、短時間で複数の工場の視察を行うことができます。
発注先は対応時間が減り、その時間を生産・管理に使うことができ、生産性を高めることができます。

活用事例:店舗内紹介(360°パノラマ動画)

店舗の雰囲気や取り扱い商品を顧客に知ってもらい、来客数を上げたい。
小売店に限らず、飲食店、美容室、スパなども共通していることだと思います。
写真だけでは伝わりにくい”臨場感”と、観入ってしまう”没入感”が360°動画の特長です。
見たいところで動画を一時停止し、360°観たい方向を自分で操作することができ、まるで自分がお店に行ったような疑似体験を提供することができます。

【お客様ご紹介ブログ】
「TOMIBUN」が「ドラッグストア」と「リカーショップ」をオープン!
https://jtsvn.com/2021/10/16/tomibungroup/

その他

・病院内を360°パノラマ写真でご案内。病院までの道のりを360°パノラマ動画でご案内。
・スパの受付から個室までの一連の流れを360°パノラマ動画でご案内。
・バーチャルショールームを360°パノラマコンテンツで制作。
・観光PRとして集客イベントを開催し、360°パノラマコンテンツを活用して日本の魅力を伝えたい。
・リニューアル工事後の店内の360°パノラマ写真を広告宣伝で使用したい。
・外国人のお客様に店舗の魅力を360°パノラマ写真で伝え、来客数を増やしたい。
などなど、様々なご相談をいただいています。
今後も活用事例としてアップデートしていきます。

360°パノラマコンテンツ制作について、お気軽にご相談ください。
活用のアイデアから一緒に検討させていただきます。