2021年半ばまでにベトナムの不動産価格は下落

ベトナムハノイの不動産市場は減速すると予想され、価格は今年末までに低下し始め、2021年半ばまでに底を打ち、住宅購入者が売却する機会を生み出していると専門家は予測しています。

7月後半にCOVID-19の第2波が始まって以来、収入に大幅な打撃を受けたため、投資家の不動産に対する信頼は再び弱まり、不動産の売りが高まりました。減収のために人々は財布のひもを締める傾向にあり、住宅需要、また住宅開発にも影響を与えると思われます。
不動産サイトのレポートでは、ユーザーの好みや検索数を測定すると、オンライン不動産市場は7月に7%減速しました。投稿されたニュースの量と市場への関心のレベルは、7月下旬以降減少していると報告しています。地方のオンライン不動産市場の関心レベルは、平均10%低下、ダナンでは、国内で最も高い割合である20%減少したことも示しています。

一方で、市場には引き続き手頃な価格のアパートに対する高い需要、また、外国人からの需要も増加しているという見方もあります。
レポートによると、外国人は現在約16,000のアパート、総供給の2%を所有しており、これはベトナム人の住宅購入の機会に影響を与えていません。
2015年以来、有名デベロッパーは外国人に12,335ユニットを販売しており、そのうちの81%がホーチミンシティで販売されています。
ヨーロッパ、北米、オーストラリア、日本から来るほとんどの人はベトナムで働くようになると賃貸することを好みますが、中国、韓国、台湾、香港、シンガポールから来る人は購入を好むようです。

※JTS VIETNAMのニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です